本文へ移動

2021年度 居宅介護支援事業所ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

災害時に備えて

2022-03-25
皆様こんにちは
先日、東北地方で地震が発生し沢山の人々が生活への不安を抱きながら過ごしています
東北は2011年3月・2021年2月と大きな地震に襲われている場所です
今回は、災害時のケアマネジャーの役割についてお話したいと思います

ケアマネジャーの役割として、大きく4つの項目があります。
①社会の役割を遂行する決断
②ケアマネジャーとしての初期活動(命を守る支援)
 安否確認,怪我の有無など
③ケアマネジャーとしての継続活動(暮らしを守る支援)
 居場所の確認・利用可否,環境(排泄・食事・電源・入浴等)
④ケアマネジャーと多職種連携と災害支援
 各情報収集等

ただ、上記の役割をスムーズに行うには
①連絡体制(家族・利用者・関係者等)
②災害情報・知恵収集の仕方
③避難を知る
④判断基準を決めておく
という事前準備が必要となります。

では、自分でできる災害時に対する準備は何ができるでしょうか。
●自身の安全確保・確認
●火災予防…火を消す,近隣を確認する
●情報収集…災害情報を知る,TV・ネット・ラジオ
●家族や友人との連絡方法…電話,SNS(安否確認),避難所等
●移動手段の確認
●ライフラインが止まった場合…代替え(懐中電灯等)や非常食のストック

高齢者の方は、独居や高齢2人暮らしの方が多い為、自分達だけで備えることが困難です
御家族はもちろん、ケアマネジャーや地域の協力を得ながら互いに助け合うことが大切です

普段何気なく利用しているサービスも、災害時は必ずしも利用できるとは限りません
衣・食・住の確保はもちろん、医療面・介護サービス等の代替え案も提案させていただきたいと思います
また、精神的な不安に対しても少しでも安心していただけるよう出来る限り寄り添わせていただきます

いつ何が起こるか分からない今…
上り坂・下り坂があるように”真坂(まさか)”が起きた時に少しでも慌てることのないよう一緒に考えてみませんか


※大阪介護支援専門員協会『災害時のケアマネジャーの役割』参照

春先の体調管理

2022-03-10
皆様こんにちは
最近は、昼間の気候も気持ちよくなり少しずつ春の気候に近付いてきています

今月は卒業式の時期です
コロナで沢山の制限がある中、未来で活躍する子供達が旅立っていきます
そんな中、季節の変わり目には体調不良が起こりやすくなります
気候や気圧により”朝起きることが億劫になる””身体がだるい”等…

これは「自律神経」の乱れが原因となります。
※自立神経…自分の意志とは関係なく自動的に働く神経。呼吸・循環・消化・生殖・排泄等生命維持に必要な機能を調整。

症状としては、「食欲低下・不眠・便秘や下痢・倦怠感・眩暈・むくみ・関節や筋肉の痛み」等がみられ、高齢者が一番注意しないといけないのは「食欲低下」です。

高齢者は、身体機能や内臓機能の低下により栄養の吸収率も低下します
そんな中、食事が摂れないと本来必要な最低栄養量に届かず、倦怠感の悪化や水分摂取量低下による脱水症状のリスクにも繋がります。
これらが継続するとあっという間に状態の低下がみられ、皮膚の乾燥褥瘡リスクも出てきますので注意が必要です
様々な症状が出る時期ではありますが、まずは無理をせず心と身体をほどよく休めてリラックスすることも重要です。
ただ、人と関わることも大事ですので、体調や心に不安がある時は医療機関はもちろんのこと私達ケアマネジャーでも構いませんので、いつでも御相談ください

高齢者向け各種教室

2022-02-18
みなさん、福岡市政だよりをご覧になっていますか?
福岡市広報課から、毎月1日と15日に発行されています。

福岡市の情報や各区の情報が記載されています。福岡市のホームページからも読むことができます。

今回、私が読んだ2/15号では、コロナウィルスの記事はもちろん、<特集>未来につながる下水道、福岡市動物園にペンギンエリアオープン、アビスパ福岡のことなど、たくさんの記事が記載されていました。
その中から、高齢者向け各種教室の受講生を募集(4月~来年3月)をご紹介したいと思います。

福岡市内に住む60歳以上の人。参加費は無料~1回500円。シニア教室(特技や知識を教えたり、習ったりする教室)は、各区老人福祉センターや老人いこいの家。他には、高齢者創作講座(専門講師から学ぶ講座)や高齢者健康いきいき教室(楽しみながら健康増進に取り組む)など、多岐にわたっています。

パッチワーク、外国語、詩吟、ウクレレ、そろばん、ヨガ、塗り絵、手芸、陶芸、、、とにかく、たくさんの教室があります。

この春、なにかを始めてみるのもいいですね♪

※福岡市政だより 2/15号 参照

出張講座を行いました

2022-02-07
梅のつぼみが膨らみ始めましたが、みなさま、お元気にお過ごしでしょうか?

私達、ラ・ポール有田は、先日、有住公民館で行われた『介護は突然やってくる!親子で考える介護の備え講座』にて、お話をさせていただきました。

有住公民館の方、早良第3いきいきセンターの方と一緒に、事前準備を行い、コロナウィルス感染対策を十分に行った上、お話をさせていただきました。

参加された方は、難しい制度や、事例など、真剣に聞いてくださいました。

私達、ケアマネジャーは、自分の担当のご利用者様だけでなく、サービスをご利用されなくても、介護保険に関係なくても、日常生活に困った、一人暮らしに困った、これからどんなふうにしていけばいいんだろう?など、ご質問、ご意見、ご感想、なんでも、いつでも、承っています。

雑談でも良いので、一緒にお話しませんか?


ながら体操

2022-01-18
1月も下旬になりますが、まだまだ、寒いですね~

寒くてなにもしたくない、暖かいお布団から出たくない、という気持ちに負けそうになりますが、
毎日、朝が来て、時間はコツコツ過ぎていきます。
運動もしなくては、身体も弱ってしまいます。

時間を決めて、内容を決めて、としてしまうと、長続きしません。
私は「ながら体操」を行っています。

「ながら」とは、文字通り「~しながら」という意味です。

歯磨きしながら、電子レンジのチンを待ちながら、髪を乾かしながら、掃除機をかけながら、、、
空いた時間を見つけると、

足踏みしたり、首を回したり「あ・い・う・え・お」と顔の筋肉を動かしたり、
「うぉーーーーー」と大声を出したりしています☺

朝、仕事に行く時、家を出て、白い息を吐き、深呼吸もしています。
食道から肺に冷たい風が流れていく感触がわかり、楽しいです。

みなさんも「ながら」いかがですか?
2
1
2
7
1
2
ラ・ポール有田 所在地
TOPへ戻る