本文へ移動

居宅介護支援事業所ブログ

2018年 ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

居宅介護支援事業所ブログ更新しました~♡ハッピーバレンタイン♡~

2019-02-19
NEW
先日はバレンタインデーでしたクラッカー
 
日本では、「女性が好きな男性に気持ちを伝える日」とされていますが
 
欧米諸国では「男性から女性にチョコレートを贈る」ことが一般的で
 
恋人同士だけでなく、家族や親しい人に贈る」こともあるようです。
 
フィンランドでは「友達の日となっており、友達同士でチョコを贈る」そうです。
 
イタリアでは「結婚を意味する日と言われており、この日にプロポーズをしたり結婚をする
 
人が多いようです。
 
同じバレンタインでも国によっていろいろな特徴があるのですね四葉のクローバー
 
諸国の人たちが2月14日を祝うのは、なんだかロマンチックではありませんか赤い感嘆符と疑問符
 
先日、友達と焼き芋を食べましたスプーンとフォークとナイフ
 
焼き芋は
 
便秘をゆっくりと解消して
 
お腹がスッキリ軽やかになるんですってギクッとしたマーク点滅している星
 
 
また
 
カリウムが含まれており
 
むくみにも効果的
 
余分な水分と塩分を排出してくれるため
 
見た目もほっそりするそうです。
 
ホクホク焼き芋この時期最高
 
 
 

~散歩~

2019-01-25
先日、モニタリング終了後、天気がよかったので、
施設内、地域交流スペースに散歩に行きました3つの音符
 
冬の風景をみながら、
 
まったり ゆっくり ほっこり 
 
そして 睡眠マーク睡眠マーク睡眠マーク とまではいきませんが、、、
 
穏やかな時間を過ごしました。
 
なにかをするわけではないけれども、
こういう時間もいいですね口を広げてにっこりした顔
 
 
私達は、時間が許す限り、みなさまと過ごす時間を
大切に思っています。
 
 
 
では、今回の
メガホン介護に関する情報点滅している電球
 
○緊急相談窓口 #7119
 
福岡市では、急な体調不良など、
緊急時の窓口があります。
お困りのときには、ご利用ください。
※福岡市保健医療介護部医療始動係 資料を引用
 
 
 

~再始動~

2019-01-11

しばらくお休みしていました、ブログを再開いたしました。

 
 
みなさま、お時間がある時、
 
ぜひ
ご覧になってください。
 
 
介護に関するプチ情報をお送りいたしたいと思います。
 
 
 
その前に、、、
 
「ラ・ポール」って何かご存知ですか赤いはてなマーク
 
「ラ・ポール」とは、フランス語で「港」という意味です。
 
 
港は人が集まり、出会い、旅立つ場所。
 
事業所や施設だけでなく、
 
 
地域の方、
福岡の方、
九州の方、
 
などなど、などなど、
 
たくさんの方の「港」の
 
ような場所でありたいと思っています。船
 
 
 
 
では、今回の
メガホン介護に関する情報点滅している電球
 
 
○ケアマネジャー(介護支援専門員)とは?
 
 介護の知識を幅広く持った専門家です。
 
 
いろいろなサービスと
みなさまの橋渡しをする係です。
 
生活する中で、お困りごとがあれば、
いつでもご連絡ください。
 
 
ケアマネジャー(介護支援専門員)の対応は
 
介護保険からの給付となります。
 
みなさまの負担はありません。
 
※福岡市保健福祉局 介護保険課 資料を引用
 
 

アタマでは解っているつもりなんだけど・・・・

2018-04-23
このケアマネジャーと言う仕事を長年しています。
 
「本当に自分は解っているのだろうか?」
 
と思う事があります。
 
と言うのも何が?・・・・・・・・
 
それは「高齢になられた方の気持ちや心、考え方」です。
 
 
何となく解った様な程で日々支援していますが
知った風なそぶりで接する自身に、いつもその矛盾点を感じます。
 
良く言われますよね?
「失ってから解る健康の大切さ」と同じなのでしょうか?
 
 
自分なりの結論から言うとそれを今理解するのは無理です!
 
年齢を重ねないと解り得ません。
 
解るはずが有りません(笑)
 
じゃ、どうしよう?
 
利用者から支援を通じて良く話を聞き寄り添う姿勢を貫き通すしか無いのでしょうね?
 
そうすれば理解も深まり、少しはより気の利いた支援が出来るのでは無いかと。

桜が綺麗ですね

2018-03-31
お花見にはお出かけになりましたか?
 
日本人は昔から桜が大好きです。
その理由は単純にキレイだから
あの桜の淡い桃色の花びらは例えようの無い美しくまたその期間も約2週間と儚い。
それがまた更に桜の魅力を際立たせます。・・・・・・
 
高齢の方も漏れなく花見がお好きで、必ず話題に上ります。
恐らく大体の方がお花見をされているのではないでしょうか?
 
私事ですが夜帰宅後ふと外を観るとこじんまりとしたライトアップされた桜。
サッシュ枠がまるで額縁様にそれを引き立てていました。
 
気づくと5分くらい見とれていました。しかも半開きの口(笑)
 
私も仲間達と花見にかこつけて無礼講の酒盛りを致しますが、一人じっくりと花見をすることも趣があって良いですね。
 
もともと日本での花見の起源は奈良時代の比較的身分の高い貴族からだそうで、それが鎌倉・室町時代には貴族の花見の風習が武士階級や庶民にも広がったそうです。かの吉田兼好は『徒然草』の中で、身分のある人の花見と「片田舎の人」の花見の違いをわざとらしい風流振りや騒がしい祝宴に対して冷ややかな視線で説明しています。
 
 現代の花見を吉田兼好はどう捕らえる事でしょう(笑)
 
個人的にはどんな花見が有っても良いと思うんです。
桜を愛する気持ちさえ有れば。
 
 
 
1
0
9
6
7
2
ラ・ポール有田 所在地
TOPへ戻る