本文へ移動

居宅介護支援事業所ブログ

2020年度ブログ

~一律10万円の給付申請を調べました~

2020-05-13

皆さんこんにちは~

ゴールデンウィークが終わり、コロナウイルスが収束に向かうのを願いつつ・・・。

今回はコロナウイルスによる経済の悪化に伴い、

二転三転した結果の一律10万円の給付金の決定についてお知らせ致します。

 

緊急事態宣言の対象地域が全国の都道府県にまで拡大されると共に、

 

交付金については対象者を限定した30万円の交付金から一転、
一律10万円の交付金に変更されました。
 
具体的な対象は4月27日時点で各市町村の住民基本台帳に登録されている者として、
外国籍の方も含まれます。
 
申請の手続きは各市区町村から送られてくる申請書に世帯員と銀行預金通帳に口座番号を記載し、
口座番号を確認できる通帳の写しと本人確認書類を写しを添付して申請すれば
世帯全員分の交付金がまとめて口座に振り込まれる仕組みを考えているようです。
 
その他、マイナンバーカードによる電子申請も出来ます。
マイナンバーカードによる申請は、マイナンバーをカードにしてなくてはならず、
今では至る所の市区町村でマイナンバーカードを作る為に行列が出来、
それこそ三密になっているのだとか・・・
 
尚、申請の受付開始は各市区町村が決定し、申請期限は3カ月以内にするという事です。
又、申請を希望しない場合は専用の欄にチェックを入れれば支給されないそうです。
その他として、銀行口座がない、身分の証明が出来ない方等は市区町村の窓口で
申請と給付が認められるそうです。
 
では、実際にいつから給付金の申請が出来るのでしょうか?
 
コロナウイルスの収束状況にもよりますが、
ゴールデンウイーク明けと言われています。
 
以上が交付金の対象、受付、交付の流れになります。
 
出来れば、ゴールデンウイーク前に交付して欲しかったと思いましたが、
よく考えたら、国から交付されるお金ですから、ゴールデンウィーク前に交付し、
観光地やパチンコ屋さんに行列が出来てしまったら・・・
 
さすがにそこはしっかり計算されているようです。
 

編集後記
我が家はマインナンバーをカードにしていません。
よって、市区町村から郵送を待つのみです。
1
4
0
9
6
2
ラ・ポール有田 所在地
TOPへ戻る