本文へ移動

居宅介護支援事業所ブログ

2024年度ブログ

ケアマネジャーのモニタリングとは??

2024-07-10
7月に入り、ますます暑くなってきましたね
皆さまいかがお過ごしでしょうか

さて今回は、ケアマネジャーが行うモニタリング・ケアプラン見直しについてお話します。

〇モニタリングとは
 ケアマネジャーが行なうモニタリングとは「ケアプランに位置付けた社会資源が、ねらい
 (計画)通りに動いているかを観察し、それを評価し、記録すること」です。
 ケアマネジャーには、少なくとも月1回の自宅訪と面接によるモニタリング、また
 その結果を記録することが法令で義務付けられています。
 (要支援の方は、包括のケアマネジャーによる3ヶ月に1回の訪問、1ヶ月に1回の電話になります)
 
〇モニタリングのポイント
 モニタリングの対象は、ケアマネジャーが作るケアプランそのもの。
 1.本人・家族2.サービス3.ケアプラン4.ケアマネジャー の4つの局面から
 多角的に確認・評価していきます。

〇ケアプランの見直し
 ケアマネジャーは、ケアプランの実施状況(サービスの提供状況や利用者及び利用者を取り巻く
 環境の変化の有無など)の確認を行ない、評価と継続的なアセスメント(課題分析)を行ないます。
 この結果、ケアプランの変更が必要な場合には、再度、ケアプラン作成に当たっての一連の業務
 行ないます。
 ※ケアプラン作成については、前述の〈ケアプランの作り方〉をご参照下さい。

いかがだったでしょうか少し端折っての説明のため、分かりにくかったかもしれません
私たちケアマネジャーは、毎月利用者様のご自宅へ訪問し、このモニタリングを行なっています


介護に関すること等、お困り事がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい


2
7
4
4
5
9
ラ・ポール有田 所在地
TOPへ戻る