本文へ移動

居宅介護支援事業所ブログ

2022年度ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

~ニセ電話詐欺について~

2022-05-10
こんにちは
新緑の季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか 
今回は、消費者被害の中でもよく話題になる、ニセ電話詐欺ついてのお話です
ニセ電話詐欺の中でも特にオレオレ詐欺は、被害者の約95%が65歳以上の高齢者です。

◇巧妙化する手口の例◇
 (1)振込型
  ①事前に電話番号が変わったと言って、犯行に使用する携帯番号を登録させます。
   本物のご親族と連絡を取れないようにし、次回の電話を本物の電話だと信じ込ませます。
  ②後日、本物であると信じ込ませた電話から連絡し、お金の振り込みを依頼してきます。

 (2)キャッシュカード受取型
  ①警察官を名乗る者から「あなたの口座が悪用されている。新しいキャッシュカードに
   変更するため、職員があなたの自宅に取りに伺うので、カードを預けてほしい」と
   電話があります。
  ②その後、銀行協会の職員になりすました者がキャッシュカードを受け取りに来ます。
   また、手続きのため、暗唱番号を教えてほしいと言われます。

 (3)現金受取型
  振込型と流れは同じですが、振込を要求するのではなく「自宅まで取りにいくから
  お金を用意してほしい」等と要求してきます。その後「自分は行けないので、同僚に
  行かせる」などと言って、本人ではない者が現金を受け取りに来ます。

防犯のポイント
・犯人は親族の名前を知っていて、名乗る場合があります。
・もうけ話を安易に信じない。
・電話番号が変わったという電話には要注意!

◎その他、迷惑電話防止機能付電話機という物があります
 ・話の内容を録音することを相手に事前に警告する。
 ・いざという時のために通話開始時に自動で録音
 ・迷惑電話リストの電話番号を自動で着信拒否
 ・電話に出る前に迷惑電話への注意喚起をアナウンス。
 といった、安心4大機能付きです。
 家電量販店でおおむね1万円前後で販売されています。

☆困ったときは一人で悩まずに、早めに家族や公的機関に相談を!
☆相談窓口:福岡市消費生活センター相談コーナー(相談無料・秘密厳守)
        相談専用電話 092-781-0999


福岡市市民局生活安全課「ニセ電話詐欺被害の現状と対策」
福岡市消費生活センター「消費生活かわら版」  参照

~骨粗鬆症について~

2022-04-26
皆さん、こんにちは。
今回は女性に多い病気と言われる骨粗鬆症についてお話いたします。
骨粗鬆症 は骨密度が低下し、骨の内部がスカスカになってしまう病気です。
骨の強度が低下する事でくしゃみや段差でのつまずき等、
些細な刺激で骨折してしまう事があります。
骨粗鬆症 について正しい知識を身につけ、予防に努めましょう。
定期的な検査が重要
骨粗鬆症の症状は気づかないうちに体内の骨がボロボロになってしまうというものです。
『骨がスカスカ、ボロボロになる』と聞くと、非常にインパクトがありますが、
自覚症状を感じる事がほとんどありません。 長い年月の間に少しづつ症状が進行する病気なので、
年齢を重ねれば重ねるほど注意する必要があります。
骨粗鬆症になったらといってすぐに生命が脅かされる訳ではありませんが、
骨折がきっかけで介護が必要になったり、寝たきりになってしまったりするケースは決して少なくありません。
特に40代~50代以降の女性は骨粗鬆症のリスクが高いと言われています。
原因と対策
骨粗鬆症になってしまう原因は実にさまざまです。
食事や運動不足など、生活習慣の積み重ねが悪影響を与えるケースや
喫煙や薬、閉経に伴うホルモンバランスの変化が原因になる事があります。
骨粗鬆症への対策はまず運動習慣や食事内容を見直す事が大切です。
骨の健康を維持する為に適度な運動を取り入れ、カルシウムやビタミン、
たんぱく質を バランスよく含んだ食事摂取を心掛けましょう。
訪問マッサージダンデム
ホットニュースレターより

ユマニチュードについて

2022-04-12
こんにちは
春の暖かさが感じられる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか
ラ・ポール有田の近くの室見川沿いも、桜の花がとても綺麗でした

さて、今回は ユマニチュード について、触れてみようと思います。
ユマニチュードは認知症のケア技法の一つで、1979年にフランスで生まれました。
フランス語の造語で「人間らしさを取り戻す」という意味です。
以下のように、「見る」「話す」「触れる」「立つ」の動作を介護に取り入れることで、
「あなたのことをとても大切に思っていますよ」という想いが相手に伝わります

☆見る
 できるだけ正面から水平に、
 長く相手の瞳を見つめる

☆話す
 穏やかな声でゆっくりと、
 前向きな言葉で正面から
 話し掛ける

☆触れる
 優しく、ゆっくりと広い
 面積で触れる。下から支える

☆立つ
 ケアを行なう時は、相手が
 できるだけ立つ時間を増やす
ユマニチュードは介護の世界でよく耳にする技法であり、ご存知の方も
いらっしゃると思います

余談ですが、今回、このブログを書きながら、
子育て奮闘中の私ですが、家事等々に追われて子どもたちの瞳を見てゆっくり話す
ということが出来ていないなぁ と反省した次第です
認知症の方の介護ケアだけでなく高齢者の方、障がい者の方、子どもたちなどと接する際にも、
相手に寄り添った、この4つの柱の視点は参考になるのではないかと思いました

福岡市では、ユマニチュードを学べるDVDの貸し出しや講座の案内を行なっているそうです。
詳しくは市ホームページ(「福岡市 認知症ユマニチュード」で検索)をご確認下さい。

※福岡市政だより 令和4年4/1号 参照
2
0
8
4
6
8
ラ・ポール有田 所在地
TOPへ戻る